妊娠や出産での肥満は授乳中にヨガで解消

妊娠は喜ばしい事ですが、その時にあっという間に体重が増えてしまって肥満という風に診断されたりする事もあります。もちろん赤ちゃんのためにはある程度体重もないといけませんから致し方ありませんが、出産を終えたら少しでも早いうちに体重を減らしたいと思うのは女性ダイエットからこそです。

出産後は骨盤がずれていると言われていますが、授乳中など出産直後は比較的骨盤も動きやすいので、ダイエットをして肥満解消をするなら早い目の方が効果もでやすいです。ですが、やはり1ヶ月ほどは体力も低下していますし、赤ちゃんの面倒を見ているだけでも大変で余裕がありません。1ヶ月検診を受けてその時に相談してみるのもおすすめです。授乳中であっても、体力が回復してきたら少しずつヨガなどを取り入れて運動をして骨盤のずれを直し、体重のコントロールをしていきましょう。

ヨガなどの緩やかな動きは体の位置を元に戻していくのにも効果が期待できるだけでなく、運動自体が優しいという事があげられます。部屋の中でゆっくりと赤ちゃんと一緒に過ごしながら、音楽などを聴いたりしてヨガをするのもいいでしょう。食事などもカロリー制限をしたいと思うかもしれませんが、母乳の出なども悪くなる可能性があるので授乳中は避けたほうが無難です。

肥満を少しでも早く解消したいというのは当然の願いでもありますが、無理をしてしまうと赤ちゃんもつらいですし、母親自身もとても育児が苦痛なものに感じてしまいます。最初は部屋で軽い運動やエクササイズなどから始めて、外にも元気良く出られるほどになれば散歩なども赤ちゃんと一緒に楽しみながら出かけてみましょう。早い目のダイエットをする方がいいですが、妊娠中から計画を立てていくと授乳中でも体重コントロールがしやすくなります。